ロード自転車のサドル位置

自転車を使ったダイエットのポイントはサドルの位置です。
普通は安定して乗りやすい位置にサドルを合わせると思いますが、脂肪の燃焼やカロリーの消費を考えると、サドルの高さを通常よりも高めに設定することが大切です。
レーサーほどではなくとも、前傾姿勢をとって自転車に乗るのはダイエットにとってとても効果的で、腹部はもちろん腕にかかる負担も大きく変わるため、二の腕の引き締め効果も期待できます。
前傾姿勢は腹筋に力が入りやすくなるため、上半身の引き締めに大きな効果が期待できます。

自転車のタイプにもよりますが、サドルを5センチほどあげて、前傾姿勢で乗ってみてください。